コンテンツにスキップする

米GM:1-3月のリコール経費1300億円、シリンダーも交換

米自動車最大手ゼネラル・モーター ズ(GM)は今年発表したリコール(無料の回収・修理)関連の修理費 とその間の代車提供コストを主な理由に1-3月(第1四半期)で13億 ドル(約1300億円)の経費を計上する見込みだ。

同社がウェブサイトに10日掲載した資料によると、経費見込みには 公表済みのリコール費用7億5000万ドルが含まれている。1-3月期の 決算は24日に発表の予定。

GMは資料で、リコールの原因となった始動装置だけでなく、同装 置を制御するロックシリンダーも交換することを米運輸省道路交通安全 局(NHTSA)に通知したとしている。エンジン駆動中にシリンダー 錠が外れる可能性があるという。

GM広報担当のケビン・ケリー氏は電話取材に対し、シリンダー交 換を全世界のリコール対象259万台に適用すると語った。

原題:GM Sees $1.3 Billion First-Quarter Charge in Recall Expenses (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE