コンテンツにスキップする

ドイツ銀:ボーナスの上限引き上げの承認求める計画

ドイツ銀行は来月開催する株主総会 で、行員に支払うボーナスの上限を年間給与の2倍に引き上げる承認を 株主に求める計画だ。

欧州連合(EU)の規則は年間の固定給与額を上回るボーナスにつ いては、株主の承認が必要と定めているが上限は固定給の2倍。ドイツ 銀はボーナスを同上限まで引き上げることで、固定給の上昇を抑えるこ とができると説明。ボーナス上限引き上げによって総報酬は変化しない との立場を示している。

ドイツ銀が10日、ウェブサイトに掲載した文書によると、同行では 昨年のボーナスが給与額を超えていた行員は4537人。そのうち1709人は 変動報酬が基本報酬の2倍以上だった。文書によると、これら行員の大 半は米州在勤で、同行はその中のバンカーらの給与を引き上げる可能性 がある。

EU内に本店のある銀行は全世界でEUのボーナス規則を適用する 必要がある。EU外の銀行はEU内でのみ規則を適用すればよい。規則 は今年1月1日に発効し、2014年の成果に対して来年支払われるボーナ スに対して初めて適用される。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE