コンテンツにスキップする

ロシア・ルーブル3日続落、株価下落-ウクライナめぐる懸念で

9日のロシア金融市場で通貨ルーブ ルは3営業日続落、株価指標のMICEX指数も下げた。プーチン大統 領はロシアがウクライナ経済を「永遠には」支援できないと述べた。ウ クライナ東部では混乱が続いている。

ルーブルはモスクワ時間午後6時(日本時間同11時)現在、ドルと ユーロで構成するロシア中央銀行の通貨バスケットに対して0.1%安 の41.8325ル-ブル。MICEX指数は0.3%安の1348.85。一時は1.1% 下げた。ルーブル建て10年物国債利回りは1べーシスポイント(bp、 1bp=0.01%)低下の8.89%。

ロシアはウクライナ向け天然ガス供給で前払い請求するか、あるい は供給を停止する可能性があると、ロシア紙コメルサントが匿名の当局 者の話として伝えた。ウクライナはロシアに対しエネルギー関連で22億 ドル(約2240億円)の債務を抱えている。プーチン大統領は先月のクリ ミア編入後、ウクライナ政府への圧力を強めており、米国と欧州連合 (EU)の制裁を無視しウクライナ東部の国境付近に軍を集結させてい る。

R&Bインベストメント・ファンド(モスクワ)のアンドレイ・ワ シェブニク最高投資責任者(CIO)は電話取材に対し「ロシアはウク ライナ東部に軍を派遣する可能性があり、さらに緊張が高まると投資家 はみている」と指摘。9日のモスクワとロンドン市場で株価が下落した ロシアの国営ガス企業ガスプロムについては「ウクライナ市場を失う懸 念から魅力が低下している」と語った。

原題:Ruble to Micex Decline as Putin Discusses Ukraine Energy Ties(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE