コンテンツにスキップする

オリンパス:国内6信託銀から損害賠償請求-合計279億円

オリンパスは9日、同社の粉飾決算 で損害を受けたとする三菱UFJ信託など国内の信託銀行6行から合 計279億円余りの損害賠償請求を受けたと発表した。この問題について の損害賠償請求訴訟では最大額。

オリンパスが発表した文書によると、2001年3月期から12年3月期 第1四半期までの有価証券報告書や半期報告書、四半期報告書に虚偽記 載を行ったことで約279億円の損害を受けたとして、7日付で東京地裁 に提訴された。

賠償請求額は損害額に年5%の金利を加えたものとされているが、 同社は訴訟による金額的な影響は現時点で算出困難として、「業績への 影響は不明」だとしている。訴えたのは三菱UFJ信託のほか日本マス タートラスト信託、日本トラスティ・サービス信託、資産管理サービス 信託、野村信託、ステート・ストリート信託。

三菱UFJ信託銀広報担当の結城健氏は、虚偽記載により株価が急 落し、売却時に損失が発生したと主張。「損害部分の回復を第一優先と して取り組む」と述べた。オリンパスの広報担当、大島剛氏は「訴状の 内容を精査し適切に対応する」と述べた。

同社株はこの発表を受けて一時、前日比4%安まで急落し、1.9% 安の2991円で取引を終えた。オリンパスの粉飾決算事件では東京地裁が 昨年7月、金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)などの罪 に問われた元会長兼社長の菊川剛被告ら旧経営陣に有罪判決を、法人と しての同社に対しては罰金7億円を命じた

--取材協力:河元伸吾.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE