コンテンツにスキップする

米アルコア:1-3月利益は予想上回る-自動車向け需要好調

米アルミニウム生産最大手、アルコ アの1-3月(第1四半期)利益は市場予想を上回った。中国からの大 量の供給で業界のアルミ価格は下落したが、自動車メーカーの需要が寄 与した。

8日の発表資料によると、リストラ費用やその他の一時的な項目を 除いた1株利益は9セントと、ブルームバーグがまとめたアナリスト18 人の予想平均である5セントを上回った。圧延品部門の利益は同社の1 月時点の予想を上回った。株価は時間外取引で一時2.4%高となった。

クラウス・クラインフェルト会長兼最高経営責任者(CEO)はア ルコアの伝統的な製錬事業が赤字に陥る中で、自動車や航空宇宙産業向 けの付加価値のあるアルミ部品を供給する事業に力を注いでいる。同社 は今年に入り、オーストラリアと米国にある精錬所閉鎖を発表する一方 で、自動車関連製品を生産するアイオワ工場を拡張。米フォード・モー ターのアルミ製車体の軽量ピックアップトラック「F150」投入などが 需要をけん引すると同社はみている。

クラインフェルトCEOは同日の電話取材に対し「自動車に絡んだ 機会は非常に大きい。軽量化をめぐる物語の始まりにすぎない」と述べ た。

同四半期の純損益は1株当たり16セントの赤字。前年同期は13セン トの黒字だった。売上高は54億5000万ドル(約5600億円)で、前年同期 の58億3000万ドルから減少。平均予想の55億5000万ドルを下回った。ア ルミ価格の下落が響いた。

先物価格は下落

ロンドン金属取引所(LME)のアルミ先物価格は1-3月期に平 均で1トン=1754ドルと、四半期平均ベースで2009年以来の安値となっ た。世界の供給は9年連続で需要を上回っている。この間に中国の生産 は3倍に増えた。

同四半期にはLMEのアルミ価格に地域ごとに上乗せされるプレミ アム(割増金)が米国で66%上昇したため、価格下落によるアルコアへ の影響は限定的だった。プレミアム上昇はアルコアにとってアルミ現物 の販売価格が高くなることにつながる。

アルコアはこの日、今年の世界アルミ需要が7%拡大するとの見通 しを据え置いた。航空宇宙産業向けの需要見通しについては最大9%増 に引き上げた。商用航空機や小型旅客機の需要を理由に挙げた。

クラインフェルトCEOはアナリストとの電話会議で、アルコアの 自動車用アルミ圧延品の売上高が18年には13億ドルと、今年の3億3000 万ドルから大きく増えるとの予測を示した。

原題:Alcoa Beats Estimates as Carmaker Demand Offsets China Glut (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE