コンテンツにスキップする

帝国を継承する6人の子供-89歳の富豪が示した「先見の明」

テレシータ・シー・コーソン氏 (63)は毎週火曜日に5人の弟や妹と昼食会を開催し、フィリピン最大 の同族複合企業SMインベストメンツの経営の方向性について話し合 う。同氏によると、午前11時に始まる昼食会は予定の2時間を過ぎるの が当たり前だ。同氏はフィリピン一の富豪、ヘンリー・シー氏の長女 で、同国最大の銀行BDOユニバンクの会長を務める。

シー・コーソン氏は、話し合いは「必ずしも静かではない」と話 す。小売り・銀行・不動産グループのSMインベストメンツの創業者で ある父親のシー氏(89)が出席することはめったになく、決定を拒否す ることはもはやない。4人の息子と2人の娘が一票ずつ投票権を持ち、 多数決で決定する。ブルームバーグ・マーケッツ誌5月号が報じた。

議論が白熱し、フィリピン語と英語、中国語の方言である福建語の 3カ国語で意見が飛び交うこともある。ただ、2012年にBDOの10億ド ル(約1020億円)規模のライツ・イシュー(株主割当増資の一種)を承 認した時のように迅速に行動を起こすこともある。

BDOの現在の預金額は1兆3000億ペソ(約2兆9600億円)に上 り、支店数は819。アキノ大統領の経済開発計画の要であるインフラに 投資する企業向けの融資を行っている。

家長制から合議制へ

シー・コーソン氏は「議論を交わすこともあれば、お互いの意見に 賛成することもある。長年調整してきた結果、私たちの協力関係は非常 にうまくいっていると言えるだろう」と語った。

シー家の経営が家長制から合議制へと移行する中、一族の600のシ ョッピングモール、百貨店、小売店は新たな挑戦を受けている。SMイ ンベストメンツは13年の売上高(2535億ペソ)の71%を小売りが占め る。

富豪ジョン・ゴコンウェイ氏率いるロビンソンズ・ランドは14年9 月期に7つの新たなショッピングモールを計画している。モールの数は 合計39と、シー家の48に迫る。SMインべストメンツの純利益(274億 ペソ)に小売りが占める割合は昨年21%と、07年の30.8%から低下して いる。

シー家は不動産への進出を強化するため、SMの不動産事業をモー ル開発会社SMプライム・ホールディングスと統合することで昨年合意 した。これに伴い、SMプライムはアヤラ・ランドをしのぐ時価総額で フィリピン最大の不動産開発会社となった。

投資家はプラスの反応

ヘンリー・シー氏が仕切っていなくても、投資家はSMインベスト メンツの成長のチャンスにプラスの反応を示している。同社株は05年3 月の上場時から今年の4月7日までの間に275%上昇。フィリピン総合 指数の223%を上昇率で上回っている。

ジュネーブ・インベストメント・マネジメント・オブ・シカゴの国 際投資責任者、ドナルド・ギンベル氏は「フィリピンについて考える場 合、シー家から遠く離れるのは難しい。小売業と銀行業で優位に立つだ けではなく、フィリピン全体の理解でも勝る」と指摘する。

ギンベル氏は、ヘンリー・シー氏の多角経営は今のところうまくい ってるが、最終的な後継者としてはシー・コーソン氏が適任との見方を 示し、「一族が決めることだが、個人的にはテッシー(シー・コーソン 氏)が最強のメンバーだと思う」と述べた。

シー・コーソン氏によれば、父親のシー氏は後継者を指名しておら ず、同氏が死去した後に誰が後継者になるか憶測を巡らすつもりはない という。シー氏は1人の子供を特別にかわいがることはなく、娘2人も 息子と同じように尊重し、報酬でも差別しなかった。

秩序ある継承

6人の子供はSMグループでそれぞれ幹部ポジションに就いた。シ ー・コーソン氏は「私の父は1人だが、それが6人に増えたようなもの だ。1人の強い男から強力な取締役会に経営が移行している」と述べ た。

ヘンリー・シー氏はアジアで同族企業を経営する中国系の大物実業 家と同じように秩序ある経営継承の準備という課題に直面している。

シー氏は後継者こそ指名していないが、子供たち全員を経営に参加 させ、株式を保有させることで、アジアの一部の実力者よりも先見の明 を示した。6人の子供たちはSMインベストメンツの株式を合計44.3% 保有し、最大株主となっている。

シー・コーソン氏は、好景気はチャンスを生むだけでなく、新旧ラ イバルの台頭も促すと考えており、この話題は火曜日の昼食会でもしば しば取り上げられる。

拡大するSMグループの中で、10年後に不動産が小売りよりも大き くなる可能性を同氏は認識しており、「競争に耐え抜く新たなやり方を 考え続ける必要がある。経営の形態が同じ姿であり続ける必要はない」 と話している。

原題:Billionaire Sy Lets Majority Rule as Kids Pilot Philippine Boom(抜粋)

--取材協力:Netty Ismail、Clarissa Batino、Karl Lester M. Yap.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE