コンテンツにスキップする

IMF:14年の英成長率見通し2.9%に上方修正-緩和策維持を

国際通貨基金(IMF)は8日公表 した最新の世界経済見通し(WEO)の中で、今年と来年の英経済成長 率見通しを引き上げた。今年に入って2回目の上方修正で、2014年の英 成長率は主要先進国の中で最も高いと予想した。

それによれば、14年の英成長率は2.9%、15年は2.5%の見込み。 IMFは1月時点ではそれぞれ2.4%と2.2%とみていた。ただ、英景気 回復の道のりは平坦ではないとも指摘し、イングランド銀行(英中央銀 行)に金融政策を緩和的に維持するよう呼び掛けた。

WEOによれば、今年の米経済成長率は2.8%が見込まれ、英国は これを上回り主要7カ国(G7)の中で最も高い成長を遂げる見通し。

英中銀は今週、金融政策委員会(MPC)を開く。ブルームバーグ のエコノミスト調査では、政策金利は0.5%での据え置きが予想され る。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE