コンテンツにスキップする

武田薬、「アクトス」めぐる初の米連邦レベルの裁判で敗訴

武田薬品工業が糖尿病治療薬「アク トス」に関連するがんリスクを隠していたとして米国で起こされていた 訴訟で、ルイジアナ州の連邦裁判所の陪審は武田に150万ドル(約1 億5400万円)の補償的損害賠償の支払い義務があると認定した。陪審は 懲罰的賠償の請求についても検討する。

アクトスをめぐり米連邦裁判所で判断が下ったのはこれが初めて。

原題:Takeda Loses First Federal Trial Over Actos Diabetes Drug (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE