公的年金「第3号」廃止を、専業主婦の働く意欲を阻害-武田委員

公的年金の制度改革を議論する社会 保障審議会年金部会の武田洋子委員(三菱総合研究所チーフエコノミス ト)は、低収入の専業主婦らが社会保険料を支払わずに年金を受け取れ る「第3号被保険者制度」の段階的な撤廃を主張している。同制度は彼 女らの労働市場への積極的な参加の妨げになっていると言う。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。