コンテンツにスキップする

欧州株:ストックス600、1カ月ぶり大幅安-テクノロジー株安い

7日の欧州株式相場は下落。指標の ストックス欧州600指数は前週末に付けた6年ぶり高値から反落し、1 カ月ぶりの大幅安となった。テクノロジー株の下げが目立った。

同指数を構成する19の業種別指数の中では、テクノロジー指数が 2%安で最もきつい値下がり。ドイツのインターネット事業者ユナイテ ッド・インターネットが4.3%、英半導体設計のARMホールディング スが2.4%それぞれ下げた。照明製造の独オスラム・ライトはシーメン スからスピンオフ(分離・独立)してから最大の下げとなった。ベレン ベルク銀行による投資判断引き下げが売り材料。一方、仏ビベンディが 携帯電話子会社SFRの売却で合意したルクセンブルクのアルティス は11%高。SFR買収合戦に敗れた仏ブイグは2012年8月以来の大幅下 落。

ストックス600指数は前週末比1.2%安の334.96で引けた。ナスダッ ク総合指数は4日、2カ月ぶりの大幅安となっていた。同指数を構成す るグーグルやヤフーなど、強気相場で大きく上昇した勝ち組銘柄を売る 動きが広がったためだ。

ルツェルン州立銀行(スイス)のトレーダー、ベンノ・ガリカー氏 は「ここ2、3カ月選好されていたテクノロジーやバイオテクノロジー などの銘柄の魅力がやや失われつつあるようだ」とし、「これら銘柄の 適正なバリュエーション(株価評価)をめぐって大きな疑問が幾らか持 ち上がっており、資金が少しディフェンシブ銘柄にシフトしている」と 語った。

7日の西欧市場ではアイスランドを除く17カ国で主要株価指数が下 落。仏CAC40指数と英FTSE100指数は1.1%それぞれ下げ、独 DAX指数は1.9%安となった。

原題:European Stocks Decline as Technology Shares Slump; Altice Gains(抜粋)

--取材協力:Namitha Jagadeesh.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE