コンテンツにスキップする

ECBバイトマン氏:債券購入に関して姿勢を変えてはいない

欧州中央銀行(ECB)の政策委員 会メンバー、バイトマン・ドイツ連邦銀行総裁は、ECBによる債券購 入に関する自身の姿勢に変わりはないと言明した。

同総裁は先月のマーケット・ニュース・インターナショナル (MNI)とのインタビューについて、インタビュー記事を「読んでい ない人の中には私が姿勢を変えたという印象を持った」人もいたようだ とした上で、記事を読めば、アウトライト・マネタリー・トランザクシ ョン(OMT)や証券市場プログラム(SMP)に「対するのと同じ指 標を新たな国債購入プログラムにも適用すると私が言っていることが分 かる」と指摘した。

また、インフレ率が「大幅に下振れすることがあれば、われわれが 使える手段として何が残っているかを考えなければならないだろう」と 述べ、「金利引き下げもさらなる非伝統的措置も可能だが、これらは議 論を要する」と語った。

「政策委員会が行わなければならない議論であり、この議論が行わ れると予想して構わないが、私は今までと同じ指標と基準を当てはめて いくと考えてもらってよい」と付け加えた。

原題:ECB’s Weidmann Says He Didn’t Change His Position on Bond Buying(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE