コンテンツにスキップする

【今日のチャート】ロシア・トルコ・ベネズエラ債投資に安心感

新興市場債に記録的規模の資金が流 入しており、政治的に最も不安定な国々への投資に対する自信があらた めて強まっていることが示唆されている。

今日のチャートは、途上国の債券に焦点を絞った上場投資信託 (ETF)として世界最大のETFに先週、過去最高となる4億8700万 ドル(約502億円)が流入したことを示している。ブルームバーグがま とめたデータによれば、ブラックロック「iシェアーズ」ブランドの42 億ドル規模の同ETFではロシアとトルコ、ハンガリー、ベネズエラの 債券が資産の19%を占める。

チャートはブラックロックの「米ドル建て新興市場債券ETF」へ の1営業日ごとの資金流入・流出を緑もしくは赤で、その60日移動平均 を黄色で表している。

過去1年で17億ドルが流出した同ETFだが、投資家はクリミア編 入後のロシアへの制裁やトルコのエルドアン政権の汚職疑惑、ベネズエ ラでの反政府デモなどを意に介していないもようだ。ハンガリーでは6 日の総選挙でオルバン首相率いる与党が圧勝した。同政権は権力集中を めぐりここ4年間、欧州連合(EU)と対立を繰り返している。

シーポート・グローバル・ホールディングスの新興市場ストラテジ スト、マイケル・ローチ氏(ニューヨーク在勤)は、「ロシアの債務返 済能力およびその意思が極めて強いことを投資家は知っている。ベネズ エラでは新たな政策対応がなされ、政府の債務返済能力が低下しつつあ るとの懸念は目先、払拭(ふっしょく)された。トルコでは与党の政権 掌握力は非常に強い」と述べた。

ブルームバーグがまとめたデータによれば、米国を拠点とする新興 市場ETFに先週流入した資金のうち29%が債券ファンドに向かった。 これまでの5年間の平均は10%だ。

原題:No Harm Seen in Russia-Turkey-Venezuela Debt: Chart of the Day(抜粋)

--取材協力:Sebastian Boyd.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE