コンテンツにスキップする

中国海洋石油:アルゼンチンのブリダス株売却を検討-関係者

沖合石油・ガス探査で中国最大手の 中国海洋石油(Cnooc)は、アルゼンチンの石油会社ブリダスの株 式売却を検討している。他事業向けの資金調達が目的。事情に詳しい複 数の関係者が、非公開情報だとして匿名を条件に明らかにした。

同関係者によると、国有企業である中国海洋石油は最近海外事業の 見直しを行い、売却益が見込めるのであればブリダスの持ち分を放出す る方針だ。中国海洋石油は2010年、ブリダス株50%を31億ドル(現行レ ートで約3200億円)で取得していた。残り半分はアルゼンチンの実業家 ブルゲローニ兄弟が保有している。

中国海洋石油は今年の設備投資計画を31%増の1200億元(約2兆 円)とする一方、生産は5.6%増にとどまる見込みで、事業費削減を求 められている。中国2大石油会社の中国石油化工(SINOPEC)と ペトロチャイナ(中国石油)は3月、経費削減や民間投資資金の呼び込 みなどを進めると表明していた。

中国海洋石油はブリダス出資で中南米市場に進出したが、カナダの エネルギー企業ネクセンを151億ドルで買収する手続きが昨年完了した 後は、海外事業の軸足をカナダに移している。中国海洋石油の北京在勤 の広報担当者は、ブリダス株放出に関するコメントを控えた。

原題:Cnooc Said to Consider Sale of $3.1 Billion Stake in Bridas (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE