コンテンツにスキップする

上海超日の債券保有者、破産とリストラ求め裁判所に申し立て

中国の太陽光発電関連メーカー、上 海超日太陽能科技の社債保有者が、同社に破産手続きを取らせリストラ を実行させるため裁判所に申し立てを行った。上海超日債は中国本土の 社債市場で初めてデフォルト(債務不履行)状態に陥った。

上海超日が深圳証券取引所に4日提出した資料によると、債権者の 上海毅華金属材料が上海市第一中級人民法院に申し立てを行った。上海 超日は3日に、その旨を通知する書簡を上海毅華から受け取ったとい う。上海超日は同法院が受理するかや、リストラが進展するかは分から ないとしている。

上海超日の4日の資料によると、同社は2017年償還債について3月 7日の利払い予定日に予定額8980万元(約14億9300万円)のうち400万 元しか支払えなかった。上海超日は4日、「当社は信頼を完全に失った ため、債務返済計画を保証できない可能性がある」とのコメントを発 表。同社株主の倪開禄氏が流動性改善のために複数の潜在的な資金の出 し手と交渉したが、まとまらなかったと説明した。

4日の発表資料によれば、2月19日に売買停止となった上海超日の 株式は今月8日に取引が再開される見通し。ただ上海市中級法院が上海 毅華の申し立てを受理するか、13年の監査済み決算で純損益が赤字とな った場合は取引が再び停止される可能性があるという。決算発表は今 月28日。同社はこれまで2年連続で純損失を計上している。

原題:Chaori Says Bondholder Seeks to Force Bankruptcy Restructuring(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE