コンテンツにスキップする

米国防長官:日本にイージス艦2隻を追加へ-ミサイル防衛強化

ヘーゲル米国防長官は、北朝鮮の脅 威に対抗するため日本でのミサイル防衛態勢を強化すると述べるととも に、中国に対しては尖閣諸島問題の解決に向けて責任ある行動を取るよ う求めた。

ヘーゲル長官は6日、東京で小野寺五典防衛相と会談後記者会見 し、ミサイル防衛を強化するため、日本にイージス艦2隻を2017年まで に追加配備することを明らかにした。これでこの海域のミサイル防衛艦 船は7隻となる。

ヘーゲル長官は「会談の主要議題は北朝鮮による脅威についてだっ た」と述べた。その上で、国連安全保障理事会決議に違反する最近のミ サイル発射など、北朝鮮の挑発的な行動に対応するため、イージス艦2 隻を日本に追加配備すると語った。

同長官は7日に中国を訪問する。中国指導部に対し長官は、拡大す る経済、軍事力に見合った責任ある行動を取るよう要請するとし、「大 国は大きな責任を負う。中国は大国だ」と述べた。中国が領土問題で軍 事力を行使した場合、米国は介入しないのではないかとの懸念が日本の 一部にあるが、長官の発言で日本の不安が緩和する可能性がある。

尖閣諸島をめぐっては日本と中国が領有権を主張しているが、ヘー ゲル長官は、同諸島は日米安全保障条約の適用対象になると述べた上 で、「わが国の条約へのコミットメントは侵すことができない。われわ れは日本の行政管轄を損なおうとするいかなる一方的で威圧的な行動に も断固として反対する」と語った。

日本へのイージス艦追加配備は、昨年決定した日本への2カ所目と なるミサイル追尾レーダー配備やアラスカの迎撃システム強化に続くも の。

ヘーゲル長官は「海上でのプレゼンスを大幅に高める今回の措置 は、われわれの同盟関係を強化し、北朝鮮の攻撃に対する抑止力を強め ることになる」と語った。

原題:U.S. to Boost Missile Defenses in Japan Against N.Korean Threat(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE