コンテンツにスキップする

米国防長官:日本の防衛をあらためて確認-クリミア編入後に

ヘーゲル米国防長官は北大西洋条約 機構(NATO)がロシアによるクリミア編入を防げなかった後で、日 本への武力攻撃に対して、米国が防衛に当たると日本の指導者にあらた めて確認する。

同長官は5日に東京入りし、2日間の日程で安倍晋三首相や小野寺 五典防衛相、岸田文雄外相と会談する。

長官は米ハワイ州から日本に向かう軍用機で同行記者団に対し、 「日本の安全保障へのわれわれのコミットメントを強化する以外の兆候 は全くないと思う」と述べた。

同長官は米国や欧州連合(EU)などのクリミア編入への対応から 中国がどのようなメッセージを得るべきかとの質問に対し、ロシアが国 際的な規範に違反したため、制裁を通じて経済的に孤立し、代償を支払 っていると語った。

同長官は5日付の日経新聞とのインタビューで、安倍首相の集団的 自衛権の行使に道を開く憲法解釈見直しへの支持を表明した。

原題:Hagel to Reassure Ally Japan After Russia’s Crimea Annexation(抜粋)

--取材協力:Chisaki Watanabe.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE