コンテンツにスキップする

ウクライナを「Caa3」に格下げ-ムーディーズ

格付け会社ムーディーズ・インベス ターズはウクライナの信用格付けを引き下げた。政治的な緊張の高まり のほか、ロシアの支援がなくなり財政基盤が弱まっていることを理由に 挙げた。

ムーディーズはウクライナの格付けを「Caa3」に1段階引き下 げた。見通しは「ネガティブ」。同社の報告書によると、格下げは国際 通貨基金(IMF)との「短期的な流動性支援」の合意を考慮に入れて いる。

同社はウクライナの債務が2014年末で国内総生産(GDP)の60% 相当と、2013年の40.5%から上昇する可能性があると予想。14年の経済 成長は最悪でマイナス10%と予測している。

原題:Ukraine Debt Rating Cut to Caa3 by Moody’s on Russia Dispute (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE