コンテンツにスキップする

欧州マーケットサマリー:株が6年ぶり高値、債券も軒並み上昇

欧州の為替・株式・債券・商品相 場は次の通り。(表はロンドン午後6時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3703   1.3720
ドル/円            103.33   103.93
ユーロ/円          141.59   142.59


株              終値   前営業日比 変化率
ダウ欧州株600  339.18     +1.93     +.6%
英FT100     6,695.55   +46.41     +.7%
独DAX      9,695.77   +66.95     +.7%
仏CAC40    4,484.55   +35.22     +.8%


債券          直近利回り 前営業日比
独国債2年物      .16%        -.02
独国債10年物     1.55%       -.05
英国債10年物     2.69%       -.07


商品                  直近値   前営業日比 変化率
金   現物午後値決め  1,297.25    +13.25   +1.02%
原油 北海ブレント        106.78      +.63     +.59%

◎欧州株:6年ぶり高値-セメントのホルシム、ラファルジュ高い

4日の欧州株式相場は上昇。指標のストックス欧州600指数は6年 ぶり高値を付けた。統合を探り協議中のセメントメーカーのホルシムと ラファルジュの値上がりが目立った。米雇用統計で2月の雇用者数の伸 びが上方修正されたことも好感された。

スイスのホルシムは6.9%の値上がり。同業の仏ラファルジュとの 間で統合協議が進んだことを認めた。ラファルジュは8.9%上昇。仏酒 造のレミー・コアントローは3.6%高。同社買収をブラウンフォーマン が検討したとの報道がきっかけ。英格安航空イージージェットは2%上 昇。3月の旅客増加が買い材料。

ストックス欧州600指数は前日比0.6%高の339.18と、終値ベース で2008年1月以来の高値となった。米経済が悪天候の影響から持ち直し ている状況が経済指標の改善で示唆され、3月24日以降は4.6%上げて いる。今週は1.6%値上がりした。

ノルデア銀行のシニアストラテジスト、ヘンリク・ドゥルセビエリ 氏(コペンハーゲン在勤)は電話インタビューで、米雇用統計では3月 の「数値が予想に届かなかったものの、前月分が上方修正されたことを 投資家はプラスに受け止めていると思う」と指摘。「2014年に株高を期 待するなら、それをけん引するのは企業業績であり、業績が良くなるた めには一段の成長が必要だ」と付け加えた。

米労働省がこの日発表した3月の雇用統計によると、非農業部門雇 用者数(事業所調査、季節調整済み)は前月比19万2000人増加。ブルー ムバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は20万人増だ った。前月は19万7000人増(速報値17万5000人増)に上方修正された。

この日の西欧市場では18カ国中15カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は0.8%値上がりし、独DAX指数と英FTSE100指数は それぞれ0.7%上げた。

原題:Europe Stocks Rise to Highest Since ’08 on Holcim, Lafarge Talks(抜粋)

◎欧州債:軒並み上昇-スペイン5年債利回りが過去最低

4日の欧州債は軒並み上昇。特にスペイン5年債が値上がりし、利 回りは過去最低となって2007年以降で初めて米5年債利回りを下回る場 面があった。

12年には米5年債利回りを7ポイント余り上回っていたスペイン5 年債利回りがここまで低下した背景には、欧州中央銀行(ECB)のド ラギ総裁がユーロを死守する決意を示してきたことが大きい。同総裁は 前日、量的緩和(QE)を含めユーロ圏を支援するさまざまな選択肢を 討議したと発言。債券購入を縮小し利上げ開始の時期を話し合っている 米連邦公開市場委員会(FOMC)とは対照的だ。この日はECB緩和 拡大の観測で、イタリアやアイルランドの国債利回りも過去最低を付け た。

ラボバンク・インターナショナルの債券ストラテジスト、リン・グ レアムテーラー氏(ロンドン在勤)はスペイン債利回りが米国債利回り を下回ったことについて、ECBとFOMCが置かれた「状況の乖離 (かいり)を浮き彫りにするものだ」と指摘。「ドラギ総裁がQE検討 を強調したのはかなりの驚きだった。スプレッドを縮小させる勢いはと にかくすごい」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時56分現在、スペイン5年債利回りは前日比9 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.72%。一時 は1.69%と、ブルームバーグが1993年にデータ集計を開始して以来の最 低となった。同国債(表面利率2.75%、2019年4月償還)の価格 は0.435上げて104.965。利回りは米雇用統計が発表される前、米5年債 利回りを下回った。

スペイン2年債利回りは一時6bp下げ、過去最低の0.59%となっ た。

イタリア5年債利回りは1.74%、同国2年債利回りは0.66%を付け る場面があり、それぞれ少なくとも1993年以降で最低。10年債利回りは 一時11bp低下し3.15%と、2005年に記録したこれまでの最低 の3.196%を下回った。

アイルランド10年債利回りは2.92%と、ブルームバーグがデータで さかのぼれる1991年以降で最低の水準を付けた。ドイツ10年債利回りは 5bp低下の1.55%。

原題:Spanish Yields Below America’s as Draghi Rally Breaks New Ground(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE