コンテンツにスキップする

LMEスズが3週間ぶり高値、需給ひっ迫兆候-NY銅は安い

3日のロンドン金属取引所( LME)では、スズ相場が3週間ぶりの高値を付けた。供給が減少する 一方で世界的な需要が増える兆しが出ていることが背景。

LME指定在庫からの引き出し注文は12%増の2300トンと3月5日 以来の高水準となった。BNPパリバによると、今年の世界の需要は供 給を1万トン上回る見込み。世界最大の供給元であるインドネシアから の2月の輸出は前年同月比28%落ち込んだ。

BNPパリバのアナリスト、スティーブン・ブリッグス氏(ロンド ン在勤)は電話取材で、「世界の生産が需要を下回っているのに加え、 インドネシアからも一部輸出されていない」と指摘。「このため供給不 足は広がる一方であり、ある時点で相場に強い影響を与えずにはおかな いだろう」と語った。

LMEのスズ相場(3カ月物)終値は前日比1%高の1トン当たり 2万3190ドル。一時2万3350ドルと3月7日以来の高値を付けた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 5月限は、同0.6%安の1ポンド=3.027ドル。

原題:Tin Rises to Three-Week High as Supplies Ebb, Demand Advances(抜粋)

--取材協力:Debarati Roy.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE