コンテンツにスキップする

4月3日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが対ドル1カ月ぶり安値、ECBの追加緩和観測で

ニューヨーク外国為替市場ではユーロが対ドルで下落。1カ月ぶり の安値を付けた。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁はユーロ圏をデ フレの脅威から守るため、ECBがさらなる政策を講じる構えであるこ とを示唆した。

ユーロは対円で5日ぶりに下落。ECBは定例政策委員会で政策金 利を過去最低で据え置いた。ドルは主要16通貨のうち15通貨に対して上 昇。4日発表の雇用統計では非農業部門雇用者数が昨年11月以来の大幅 な伸びを示すと予想されている。

みずほフィナンシャルグループの米通貨セールス責任者、ファビア ン・エリアソン氏(ニューヨーク在勤)は「ドラギ総裁の言うとおりだ とECBが追加策を講じる可能性がないわけではない。ただ、ユーロ圏 の状況がさらに悪化した場合だ」と指摘。「欧州側の発言や政策につい ては出尽くし感がある。4日の雇用統計が良い内容となり、ドルがやや 強含んでも意外ではない」と語った。

ニューヨーク時間午後5時現在、ユーロは対ドルで0.3%安の1ユ ーロ=1.3720ドル。一時は1.3698ドルと、2月28日以来の安値を付け た。対円では0.3%安の1ユーロ=142円59銭。前日までの4営業日 で1.9%上げていた。ドルは対円でこの日、ほぼ変わらずの1ドル=103 円92銭。

ポンド安

ポンドは対ドルで3日続落。マークイット・エコノミクスが発表し た3月の英サービス業の購買担当者指数(PMI)は57.6と、前月 の58.2から低下した。同指数は50が活動拡大・縮小の分かれ目。

三菱東京UFJ銀行の為替ストラテジスト、リー・ハードマン氏 (ロンドン在勤)は「経済の良いニュースの多くはすでに織り込まれて いる。市場は最初の利上げが5月に実施されると予想している。利上げ 実施が大きく前倒しされる兆しが表れない限り、ポンドの上値余地は限 られるだろう」と話した。

ポンドは0.2%安の1ポンド=1.6598ドル。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグ・ドル・スポ ット指数は約1週間ぶり高水準。ブルームバーグの調査によると、4日 発表の3月の非農業部門雇用者数は20万人増が予想されている。2月 は17万5000人増だった。

スポット指数は0.2%上昇の1019.90。一時は1020.51と、3月24日 以来の高水準を付けた。

ブルームバーグ・ニュースがまとめた調査によると、ECBが政策 金利を過去最低の0.25%で据え置くと、エコノミスト57人のうち54人が 予想していた。1人は0.1%への利下げ、2人は0.15%への利下げを予 想していた。

ドラギ総裁

ドラギ総裁は政策決定後の記者会見で、「低インフレが過度に長引 くのを防ぐため、一段の金融政策緩和を排除しない」と言明。「責務の 範囲内で非伝統的手段も採用することへの政策委員会のコミットメント は全会一致だ」と述べた。

総裁はまた、ユーロ高についての懸念も表明した。ユーロはドルに 対し過去1年で6.8%上昇している。

SEB(ストックホルム)のストラテジスト、リチャード・フォル ケンホール氏は「ECBからはソフトな、あるいはハト派的なメッセー ジが聞かれた。当局者は追加策に動かないための理由を探しているかの ようだ。動かずにいられるには4月にインフレが大きく加速する必要が ある」と述べた。

原題:Euro Falls to Lowest in Month as Draghi Bolsters Action Pledge(抜粋)

◎米国株:下落、テクノロジーや消費関連が安い-雇用統計控え様子見

米株式相場は下落。消費関連やテクノロジー銘柄が安い。労働省は 4日に3月の雇用統計を発表する。

ナスダック・バイオテクノロジー指数は4日ぶりに下落。ナスダッ ク総合指数は5日ぶりに下げた。書店チェーンのバーンズ・アンド・ノ ーブル(B&N)は大幅安。リバティ・メディアが保有株を減らすと発 表したことが嫌気された。事実上の株式分割を行ったグーグルはクラス A株、クラスC株ともに値上がりした。アナダルコ・ペトロリアムは急 伸し、上場来高値となった。環境汚染の訴訟で政府と和解したことが好 感された。

S&P500種株価指数は前日比0.1%安の1888.77。過去2日間は終 値ベースで過去最高値を更新していた。ダウ工業株30種平均はこの 日0.45ドル下げて16572.55ドル。ダウ平均はこの日、取引時間中の最高 値を更新した。

バンヤン・パートナーズのチーフ市場ストラテジスト、ロバート・ パブリク氏(ニューヨーク在勤)は「市場はなお前向きでいたいと考え ており、明るい地合いを維持しているが、時折若干の抵抗はあるもの だ」と指摘。「誰も過去最高値で買いたくはない。今がその状況だ。市 場参加者は若干慎重さを強めている。雇用統計の発表が近づいており、 様子見モードになる」と述べた。

S&P500種

S&P500種は前日、4営業日続伸となり過去最高値1890.90に達し た。3月の民間雇用者数の伸びを受け、経済成長に対する楽観が強まっ た。

S&P500種は1-3月期に1.3%高と、5四半期連続での上昇とな った。株価収益率(PER、実績ベース)は17.4倍。ブルームバーグの データによると、これは2010年以降で最高。また過去5年間の平均 を11%上回る。

小型株で構成するラッセル2000種指数は1%安と、5営業日ぶりに 反落。先週は3.5%下げていた。

この日発表された先週分の米新規失業保険申請件数は市場予想を上 回った。6カ月ぶり低水準だった前週からの増加となり、労働市場の改 善が一様でないことを示した。

経済指標

米供給管理協会(ISM)が発表した3月の非製造業総合景況指数 は53.1と、4年ぶり低水準だった前月の51.6から上昇した。ブルームバ ーグがまとめたエコノミストの予想中央値は53.5への上昇だった。

ブルームバーグがまとめたエコノミスト調査によると、4日発表の 3月の雇用統計では雇用者の増加が見込まれている。

今年に入り、冬の悪天候の影響で雇用や製造業生産の指標で軟調な 内容が続いていた。

ロベスコSAM(チューリヒ)のポートフォリオマネジャー、カ イ・ファシンガー氏は「ネガティブな指標が出ても、現時点では市場は ほとんど気に掛けないだろう。材料視されたとしても極めて短期間だ」 と指摘。「これは投資家が明らかに楽観的になっていることを示してい る。特にあすの雇用統計で良い数字が出れば、相場はさらに上昇する可 能性がある」と述べた。

この日はS&P500種の業種別10指数のうち4指数が下落。テクノ ロジーと選択的消費関連が特に下げた。

ナスダック・バイオテクノロジー指数は2.7%安。ここ1カ月での 下げは11%に達した。

バーンズ・アンド・ノーブルは14%安の19.12ドル。

グーグルのクラスC株は0.5%高の569.74ドル。クラスA株は0.6% 上げて571.50ドル。

アナダルコは15%高の99.02ドルだった。

原題:U.S. Stocks Fall From Records as Tech, Consumer Shares Retreat(抜粋)

◎米国債:反発、高利回りで投資妙味-失業保険申請増も買い手掛かり

米国債は反発。10年債利回りは1月以来の高水準近辺から下げた。 4日発表の米雇用統計で雇用の伸び加速が示されるとの見方から売られ ていたが、高い利回りに投資妙味が出てきた。

10年債相場の上昇は3日ぶり。2月の米貿易赤字は予想外に拡大 し、先週の新規失業保険申請件数は予想以上に増加した。雇用統計の結 果が来年の利上げ確率を高めるとの見方から、前日の市場では米国債は 下げていた。

RWプレスプリッチの政府債取引担当マネジングディレクター、ラ リー・ミルスタイン氏(ニューヨーク在勤)は「統計発表前から市場は 多少強すぎる内容を織り込んだ。やや行き過ぎていた」と指摘。「きょ うのデータは概して軟調な方だったため、一息つく投資家もいる」と述 べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後5時2分現在、10年債利回りは1ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)下げて2.80%。同年債(表面利率2.75%、2024年2月償還) 価格は2/32 上昇の99 18/32。3月7日は1月23日以来の高水準とな る2.82%に達していた。

米パシフィック・インベストメン ト・マネジメント (PIMCO)のビル・グロース氏は、3月のイエレ ン米連邦準備制 度理事会(FRB)議長の発言で年限が短めの国債利回りが大幅に上昇 したものの、こうした年限が5年以下の米国債に引き続き投資するよう 勧めた。

新規失業保険申請件数

グロース氏はPIMCOのウェブサイトに掲載した月間投資見通し で、「1-5年の年限は最近、当局の政策金利予想やイエレン議長の 『6カ月後』発言の影響をひどく受けたが、低インフレが続けば現在の 水準にとどまるだろう」と予想。その上で、「5-30年の年限はリスク を抱えている」と述べた。

米財務省は8日に3年債300億ドル、9日に10年債210億ドル、10日 に30年債130億ドルの入札を計画している。

労働省がこの日発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調整済 み)は32万6000件と、前週から1万6000件増加した。ブルームバーグ・ ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値は31万9000件だった。前 週は31万件(速報値は31万1000件)に修正された。

2月の米貿易赤字は予想外に拡大し、国内総生産(GDP)の拡大 ペースが予想より減速している可能性を示唆した。

「FOMCが予想していた通りの展開」

CRTキャピタル・グループ(コネティカット州スタンフォード) の政府債ストラテジスト、イアン・リンジェン氏は「1-3月期GDP にはマイナスだと解釈された」と指摘し、「それが米国債にまとまった 買いを呼び込んだ」と続けた。

米商務省が発表した2月の貿易収支統計によると、財とサービスを 合わせた貿易赤字(国際収支ベース、季節調整済み)は423億ドルに拡 大。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコノミスト予想の中央値 は385億ドルへの縮小だった。前月は393億ドルに修正された。

3月雇用統計を前にブルームバーグがまとめた調査では、雇用者数 の伸びは20万人と予想されている。2月は17万5000人だった。失業率は 前月の6.7%から6.6%に低下すると、別の調査では予想されている。

グッゲンハイム・セキュリティーズ(ニューヨーク)の米政府債ト レーディング担当マネジングディレクター、ジェーソン・ローガン氏 「雇用者数と経済データの両方でそれなりの伸びが示されるようになる だろう」と予想。「そうなれば米金融当局が予想していた通りの展開に なる」と述べた。

原題:Treasuries Advance as Jobs Gain Forecast Made Yields Attractive(抜粋)

◎NY金:反落、米景気改善の兆しで需要減退-雇用統計に注目

ニューヨーク金先物相場は反落。米経済成長が加速している兆しを 背景に、価値保存手段としての金買いが後退した。米供給管理協会 (ISM)が発表した3月の非製造業総合景況指数は前月から拡大ペー スが速まった。4日発表の雇用統計では非農業部門雇用者数が20万人増 加すると予想されている。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「経済は確かに改善してお り、雇用の数字は金相場にとって非常に重要だ」と指摘。「安全逃避先 としての役割は消えつつある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.5%安の1オンス=1284.60ドルで終了した。過去7営業 日では6日目の下落となった。

原題:Gold Futures Fall as Signs of Improving U.S. Growth Crimp Demand(抜粋)

◎NY原油:反発、リビア港湾再開期待の後退でブレント大幅高

ニューヨーク原油先物相場は反発。リビアの反政府勢力が石油積み 出し港の操業再開で政府と合意したとの報道を否定したことから、北海 ブレント原油は1カ月ぶりの大幅高となった。

エナジー・アナリティクス・グループ(フロリダ州ジュピター)の ディレクター、トム・フィンロン氏は「市場はリビア合意が近いとは見 ていないようだ」と指摘。「リビアからの原油供給は引き続き限定され るとの見方を背景にブレントは値を戻している」と続けた。

ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されるブレン ト先物5月限は前日比1.36ドル(1.3%)上昇し1バレル=106.15ドル で終了。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前 日比67セント(0.7%)高の1バレル=100.29ドルで終えた。

原題:Brent Crude Climbs Most in a Month on Libya as WTI Spread Widens(抜粋)

◎欧州株:ほぼ変わらず-ECB総裁は一段の緩和辞さずと表明

3日の欧州株式相場はほぼ変わらず。指標のストックス欧州600指 数は前日まで7営業日続伸となっていた。欧州中央銀行(ECB)のド ラギ総裁が必要に応じて一段の刺激措置を取る準備があると表明したこ とが注目された。

英医薬品メーカーのBTGは1%上げた。年間売上高が自社見通し の上限近くになるとの見方を示した。銀行株指数は1月以来の高値に達 した。一方、フィンランドのタイヤメーカー、ノキアン・レンカート は2.7%安。ロシア需要の減少を理由に、2014年利益と売上高の見通し を下方修正した。フランスの蒸留酒メーカー、ペルノ・リカール は1.2%値下がり。同銘柄の売りをクレディ・スイス・グループが勧め た。

ストックス欧州600指数は前日比0.1%高の337.25で終了した。米経 済が悪天候の影響から持ち直している状況が経済指標の改善で示唆さ れ、3月24日以降は4%上げている。

Xトレード・ブローカーズのブローカー、スティーブン・サントス 氏(リスボン在勤)は電話で「ドラギ総裁は曖昧に語り従来発言を繰り 返す傾向があるが、今回はかなり具体的かつ積極的だった」と指摘。 「ECBは主要政策金利の引き下げを一段と真剣に考えているほか、新 たな措置さえ間もなく導入する可能性があるようだ。ドラギ総裁のさら なる介入を市場は明らかに期待している」と語った。

ドラギ総裁は金利据え置き決定後の記者会見で、選択肢の一つとし て大規模な資産購入について議論したことを明らかにし、「責務の範囲 内で非伝統的手段も採用することへの政策委員会のコミットメントは全 会一致だ」と述べた。

3日の西欧市場では18カ国中9カ国で主要株価指数が上昇。仏 CAC40指数は0.4%、独DAX指数は0.1%それぞれ上げた。英 FTSE100指数は0.2%安となった。

原題:Europe Stocks Little Changed as Draghi Renews ECB Action Pledge(抜粋)

◎欧州債:イタリア債利回り、8年ぶり低水準に-ECB総裁発言で

3日の欧州債市場では、イタリア国債を中心にユーロ圏諸国の国債 相場が上昇。欧州中央銀行(ECB)がこの日の定例政策委員会でデフ レの脅威と闘うための緩和拡大措置について話し合ったとドラギ総裁が 明らかにした。

イタリア国債の10年物利回りは約8年ぶりの低水準、5年物利回り は過去最低をそれぞれ付けた。ドラギ総裁は金利据え置き決定後の記者 会見で、選択肢の一つとして大規模な資産購入について議論したと語っ た。スペイン国債も上げ、2年物と5年物の利回りはそれぞれこれまで の最低を記録。記者会見前は、域内の国債の大半は軟調だった。

DZ銀行のアナリスト、クリスチャン・ライヒャター氏(フランク フルト在勤)は「量的緩和の決定がなかったことに市場は当初やや失望 したが、ドラギ総裁は実際、インフレ率がさらに低下した場合には将来 的に非伝統的な措置を導入することにかなり前向きだった」と指摘。 「周辺国債のスプレッドが縮小する余地は一段とあるはずだ」と続け た。

ロンドン時間午後4時42分現在、イタリア10年債利回りは前日比5 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の3.26%。一時 は3.25%と、2005年9月以来の低水準を付けた。同国債(表面利 率4.5%、2024年3月償還)価格は0.42上げ110.65。5年債利回りは7 bp下げ1.87%。ブルームバーグが1993年にデータ集計を開始して以来 の最低となる1.86%に達する場面もあった。

スペイン2年債利回りは5bp下げ0.64%、5年債利回りは1.80% まで下げ、いずれも1993年以来の低水準を付ける場面があった。10年債 利回りは4bp低下の3.23%。

ドイツ10年債利回りは1bp低下し1.60%。同年限のスペイン国債 との利回り格差は3bp縮小の162bpと、2010年10月以来の最小とな った。

原題:Italian Bond Advance Sends Yield to 8-Year Low on ECB QE Debate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE