コンテンツにスキップする

NY原油:反発、リビア港湾再開期待の後退でブレント大幅高

ニューヨーク原油先物相場は反 発。リビアの反政府勢力が石油積み出し港の操業再開で政府と合意した との報道を否定したことから、北海ブレント原油は1カ月ぶりの大幅高 となった。

エナジー・アナリティクス・グループ(フロリダ州ジュピター)の ディレクター、トム・フィンロン氏は「市場はリビア合意が近いとは見 ていないようだ」と指摘。「リビアからの原油供給は引き続き限定され るとの見方を背景にブレントは値を戻している」と続けた。

ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されるブレン ト先物5月限は前日比1.36ドル(1.3%)上昇し1バレル=106.15ドル で終了。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前 日比67セント(0.7%)高の1バレル=100.29ドルで終えた。

原題:Brent Crude Climbs Most in a Month on Libya as WTI Spread Widens(抜粋)

--取材協力:Maher Chmaytelli.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE