コンテンツにスキップする

ロシア、ウクライナ向け天然ガスを再値上げへ

ロシアはウクライナ向け天然ガスの 価格を再度引き上げる。これにより4月の値上げ率は81%となり、欧州 連合(EU)のどの加盟国向けよりも高い価格となる。

ロシアの国営ガス企業ガスプロムのアレクセイ・ミレル最高経営責 任者(CEO)は3日、テレビを通じ、政府が2010年以降ガスプロムに 対して講じている輸出関税の控除措置を撤廃した後、ウクライナ向けの ガス価格は1000立方メートル当たり485ドル(約5万円)に「自動的」 に引き上げられると説明した。ガスプロムは今週に入り既に、ウクライ ナと締結していた割引価格での供給契約が失効したとして、同国向けの ガス価格を引き上げていた。

ウクライナは必要とする天然ガス全体の半分をガスプロムからの供 給に依存している。

ガスプロムはこの日先に、ウクライナの地下貯蔵施設の天然ガス量 が大幅に減少していると警告。これを受け、欧州へのガス輸送が混乱す る可能性があるとの懸念が高まっている。

インタファクスが今月報じた欧州のデータによれば、ガスプロムの ドイツおよびイタリア向けのガス価格は、ミレルCEOがこの日発表し たウクライナ向けの価格を18-25%下回る。ドイツとイタリアは、EU 域内ではガスプロムの最大顧客。

原題:Russia to Charge Ukraine More Than Germany as Gas Discounts End(抜粋)

--取材協力:Daryna Krasnolutska.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE