コンテンツにスキップする

NY金:反落、米景気改善の兆しで需要減退-雇用統計に注目

ニューヨーク金先物相場は反落。米 経済成長が加速している兆しを背景に、価値保存手段としての金買いが 後退した。米供給管理協会(ISM)が発表した3月の非製造業総合景 況指数は前月から拡大ペースが速まった。4日発表の雇用統計では非農 業部門雇用者数が20万人増加すると予想されている。

フューチャーパス・トレーディングのトレーダー、フランク・レシ ュ氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、「経済は確かに改善してお り、雇用の数字は金相場にとって非常に重要だ」と指摘。「安全逃避先 としての役割は消えつつある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.5%安の1オンス=1284.60ドルで終了した。過去7営業 日では6日目の下落となった。

原題:Gold Futures Fall as Signs of Improving U.S. Growth Crimp Demand(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE