コンテンツにスキップする

マイクロソフトが「ウィンドウズフォン」最新版を発表

米マイクロソフトは、音声認識機能 を搭載したスマートフォン向け基本ソフト(OS)「ウィンドウズフォ ン」の最新版を発表した。スマホとタブレット向けに無償で提供し、携 帯端末分野で先行するアップルとグーグルを追撃する。

マイクロソフトはこれまでウィンドウズのライセンス料を請求して きたが、画面サイズが9インチ未満のスマホやタブレットについては今 後無償で提供する。マイクロソフトのOS部門責任者テリー・マイヤー ソン氏が、サンフランシスコで2日開催された同社の開発者会議で明ら かにした。最新OS「ウィンドウズフォン8.1」には、アップルの「S iri(シリ)」に似た新機能として、音声認識デジタルアシスタント 「Cortana(コルタナ)」も搭載される。

2月に最高経営責任者(CEO)に就任したサトヤ・ナデラ氏は、 スマホやタブレットが主流となった時代への適応を急いでおり、ウィン ドウズを事業の中核に据える一方、競合するプラットホームに自社ソフ トの提供を行うバランスが求められている。

FBRキャピタル・マーケッツのアナリスト、ダニエル・アイブス 氏はリポートで、「ウィンドウズのフランチャイズを再び活性化させる ことは、マイクロソフトを成功に導く重要な要素であり続ける」との見 方を示した。

原題:Microsoft Unveils Phone Software With Rival to Apple’s Siri (2)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE