コンテンツにスキップする

4月2日の米国マーケットサマリー:S&P500種は最高値更新

ニューヨークの為替・株式・債 券・商品相場は次の通り。 (表はNY午後4時現在)

為替         スポット価格 前営業日
ユーロ/ドル        1.3763   1.3793
ドル/円            103.83   103.65
ユーロ/円          142.91   142.97


株                 終値 (暫定値) 前営業日比 変化率
ダウ工業株30種       16,573.00     +40.39     +.2%
S&P500種           1,890.90      +5.38     +.3%
ナスダック総合指数    4,276.46      +8.42     +.2%


債券          直近利回り 前営業日比
米国債2年物      .45%        +.02
米国債10年物     2.80%       +.05
米国債30年物     3.65%       +.04


商品 (中心限月)                     終値   前営業日比 変化率
COMEX金     (ドル/オンス)  1,290.80    +10.80    +.84%
原油先物         (ドル/バレル)   99.37      -.37     -.37%

◎NY外国為替市場

ニューヨーク外国為替市場ではドルが対円で小幅高。アジア市場の 取引時間帯には2カ月ぶりの高値を付けた。米民間雇用者数や製造業受 注の増加を受け、連邦公開市場委員会(FOMC)が来年にも利上げを 実施するとの思惑が強まった。

ドルは主要16通貨の大半に対して上げた。4日には3月の雇用統計 が発表される。ユーロは円に対してもみ合い。欧州中央銀行(ECB) は3日に政策委員会を開催する。

HSBCホールディングスの為替ストラテジスト、ロバート・リン チ氏は「対円でのドルは引き続き堅調だ」と指摘。民間雇用者のデータ は「ほぼ予想通りながらまずまずの増加を示した。ただ、4日の非農業 部門雇用者数の予想を押し上げるほどではないだろう」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時46分現在、ドルは対円で前日比0.1%高 の1ドル=103円76銭。一時は103円94銭と、1月23日以来の高値を付け た。ドルは対ユーロで0.2%高の1ユーロ=1.3760ドル。円は対ユーロ で0.1%上げて1ユーロ=142円77銭。

◎米国株式市場

米株式相場は4営業日続伸。3月の民間雇用者数の伸びを受け、経 済成長に対する楽観が強まった。S&P500種株価指数は過去最高値を 更新した。

ニューヨーク時間午後4時過ぎの暫定値では、S&P500種株価指 数は前日比0.3%高の1890.90で過去最高値。ダウ工業株30種平均 は40.39ドル(0.2%)上げて16573ドル。

ウェドブッシュ・セキュリティーズの株式トレーディング担当マネ ジングディレクターのマイケル・ジェームズ氏は「前日からの明るいト ーンは雇用統計まで続きそうだ。雇用統計まで大きな指標の発表はな い」とし、「長期投資を行っている投資家は、今年に関しては米国株が 引き続き最善の投資先の一つだという考えをなお持っている」と述べ た。

◎米国債市場

米国債は続落。10年債利回りは3週間ぶりの水準に上昇した。米製 造業受注の増加と民間雇用者数の伸びを受けて、景気の改善を背景に米 金融当局が来年にも利上げに踏み切るとの見方が広がった。

30年債利回りはほぼ2カ月間で最長の4日連続上昇。4日発表の3 月雇用統計では非農業部門雇用者数が20万人増加し、4カ月ぶりの大幅 な伸びになると予想されている。市場では2015年6月の利上げを見込ん だ取引が増えている。

フェデレーテッド・インベスターズ(ピッツバーグ)のマルチセク ター戦略責任者、ドナルド・エレンバーガー氏は「市場は一段と高まる 雇用者数増加の予想を織り込もうとしている」と指摘。「雇用市場に関 する他の指標からは、4日発表の数字はそこそこ持ち直すだろうと考え られる」と述べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによれば、ニューヨーク時間 午後2時25分現在、10年債利回りは5ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)上昇の2.80%。一時は3月7日以来の高水準となる2.81%に 達した。同年債(表面利率2.75%、2024年2月償還)価格は13/32下げ て99 18/32。

◎NY金先物市場

ニューヨーク金先物相場は6営業日ぶりに上昇。前日までは過去19 週間で最長の連続安となっていた。金先物が7週間ぶり安値をつけたこ とを受けて、中国で延べ棒や宝飾品の購入が増えるとの観測が強まっ た。

RJオブライエン・アンド・アソシエーツ(シカゴ)のシニア商品 ブローカー、フィル・ストライブル氏は電話インタビューで、「こうし た価格水準では現物買いやバーゲンハンティングが増えるとの見方が出 てくる」と指摘。「こうした動きは一時的となる可能性がある。利上げ 期待を要因に金価格は下落する可能性がある」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物6 月限は前日比0.8%高の1オンス=1290.80ドルで終了した。今年に入っ てからは7.4%上昇している。

◎NY原油先物市場

ニューヨーク原油先物相場は小幅続落。リビア東部の反政府勢力が 石油積出港の操業再開で「原則合意」したと発表したことを受け、ロン ドンの北海ブレント原油は昨年の11月以来で初めて1バレル当たり105 ドルを割り込んだ。

コンフルエンス・インベストメント・マネジメント(セントルイ ス)の市場担当チーフストラテジスト、ビル・オグレイディ氏は「リビ アのニュースが舞台最前列のセンターだ」と指摘。「リビア産原油の輸 出が再開できるよう政治的な調整が図られるのは時間の問題だ。実現は 間近に迫っているようだ」と述べた。

ロンドンのICEフューチャーズ・ヨーロッパで取引されるブレン ト先物5月限は83セント下げて1バレル=104.79ドルで終了。ニューヨ ーク商業取引所(NYMEX)の原油先物5月限は前日比12セント (0.1%)安の1バレル=99.62ドルで終えた。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE