コンテンツにスキップする

米モンサント:12-2月利益・売上高とも予想上回る-大豆好調

種子開発最大手の米モンサント の2013年12月-14年2月(第2四半期)の決算は利益と売上高がともに アナリスト予想を上回った。大豆種子販売による利益が増加した。

2日の発表資料によると、純利益は16億7000万ドル(約1730億円) と、前年同期の14億8000万ドルから増加した。一時項目を除いた利益は 1株当たり3.15ドルと、ブルームバーグがまとめたアナリスト予想平均 の3.06ドルを上回った。売上高は58億3000万ドルで、前年同期の54 億7000万ドルから増加。アナリスト予想平均の58億ドルを上回った。

同社は通期の利益について、1株当たり5-5.20ドルになるとの見 通しを維持した。アナリストの予想平均は5.26ドル。

米農務省が3月31日に発表したところによると、米国では農家によ る大豆の作付け面積が今年は過去最大になる見通し。

原題:Monsanto Profit Exceeds Estimates Ahead of Larger Soybean Crop(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE