コンテンツにスキップする

新興国株が8日続伸、過去1年3カ月で最長-米指標を好感

1日の新興国の株式相場は8営業日 続伸。この1年3カ月で最長の上げとなった。米製造業活動の拡大で世 界経済の成長に対する信頼感が高まったほか、ウクライナ危機がエスカ レートするとの懸念が後退した。

MSCI新興市場指数は0.6%高の1000.79。ロシアのMICEX指 数は上げに転じ、3日続伸して引けた。ウクライナのUX指数も続伸 し、2日間の上昇率は8.6%に達した。インドのS&Pセンセックス指 数は工業株とソフトウエア輸出銘柄を中心に買われ、過去最高値を更 新。一方、ブラジルのボベスパ指数は下落。バリュエーションを1月以 来の高水準に押し上げたこの2週間の相場上昇は行き過ぎとの見方が広 がった。

3月の米製造業は生産や受注が堅調で、活動の拡大ペースが加速し たことが米供給管理協会(ISM)の統計で示された。ロシアのプーチ ン大統領は3月31日にドイツのメルケル首相と電話会談し、ウクライナ 国境付近から軍の一部撤収を命じたことを伝えた。北大西洋条約機構 (NATO)は、ロシアによるクリミア編入を受けて不安を募らせてい るロシアに近い東欧諸国を防衛する決意をあらためて表明した。

ボストン・アドバイザーズのポートフォリオマネジャー、ジェーム ズ・ゴール氏は電話取材に対し「何とかプラス成長を確保しつつある。 これは良いことだ。地合いは長い間弱かったため、安心感から上昇して いる可能性もある」と語った。

原題:Emerging-Market Stocks Cap Longest Gain in 15 Months on Economy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE