コンテンツにスキップする

ゴールドマン、NYSE指定値付け事業の売却を検討-関係者

米ゴールドマン・サックス・グルー プは、ニューヨーク証券取引所(NYSE)の指定マーケットメーカー (DMM)事業の売却を検討しており、買い手を探している。事情につ いて説明を受けた関係者が明らかにした。ゴールドマンは2000年にスピ アー・リーズ・アンド・ケロッグを買収して、DMM業務を取得した。

話し合いが非公開だとして匿名を条件に述べた同関係者によると、 売却交渉はまだ初期段階にあり、ゴールドマンは買い手候補の複数企業 と協議した。同事業売却の可能性については、英フィナンシャル・タイ ムズ(FT)が先に報じていた。

ゴールドマンはスピアー・リーズを約54億ドル(現在の為替レート で約5600億円)の株式と現金で買収した。ブルームバーグのデータによ ると、ゴールドマンによる買収ではこれが依然として過去最大。

FTが匿名のアナリストの話を基に報じたところでは、スピアー・ リーズの評価額は現時点で約3000万ドル。ゴールドマンは昨年、スピア ー・リーズ買収に伴って取得したソフトウエアを基盤とするトレーディ ング・テクノロジー部門REDIの過半数持ち分の売却で合意してい る。

ゴールドマンの広報担当ティファニー・ガルビン氏は憶測について はコメントしないと述べた。

原題:Goldman Sachs Said to Seek Sale of NYSE Market-Making Unit (1)(抜粋)

--取材協力:Sam Mamudi、Nick Baker.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE