コンテンツにスキップする

3月の独失業者は1万2000人減、4カ月連続減少-景気に勢い

ドイツの3月の失業者数は4カ月連 続で前月から減少した。独経済の回復に企業が自信を深めた。

独連邦雇用庁(FLO)が1日発表した3月の雇用統計によると、 失業者数は季節調整済みで前月比1万2000人減の290万人。2月は1 万5000人減(改定)だった。ブルームバーグ・ニュースがまとめたエコ ノミスト31人の予想中央値では3月は1万人減が見込まれていた。失業 率は6.7%。2月も少なくとも20年ぶり低水準となる6.7%に改定され た。

ユーロ圏の景気回復が輸出への追い風となる中で、国内では失業者 減少が消費の支えとなっている。昨年10-12月(第4四半期)にエコノ ミスト予想を上回る0.4%成長となった独経済について、ドイツ連邦銀 行(中央銀行)は1-3月(第1四半期)に「著しく」強まったもよう との見方を示している。

ベレンベルク銀行(ロンドン)のチーフエコノミスト、ホルガー・ シュミーディング氏は、「ドイツの失業者数が1年にわたり緩やかに減 少するのが基本的なトレンドだ」と述べた上で、「失業者数は大きく減 らないだろう。失業した人々が採用されるのに必要な技能を持ち合わせ てないためだ」と指摘した。

原題:German Unemployment Falls for Fourth Month as Growth Picks Up(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE