コンテンツにスキップする

中国株(終了):上海総合指数、5日ぶり上昇-不動産株高い

中国株式市場で上海総合指数は5営 業日ぶりに上昇。保利房地産集団を中心に不動産株が高い。生活必需品 関連銘柄と通信株も値上がりしている。

中国2位の不動産開発会社、保利房地産集団(600048 CH)は1.2% 上昇。同社の2013年通期の純利益は107億元(約1780億円)と、前年 の84億4000万元から増加した。酒造会社の貴州茅台酒(600519 CH)は 5%高で、生活必需品関連銘柄の上げをけん引。通信機器メーカーの ZTE(中興通訊、000063 CH)は4%高。

一方、乳製品メーカーの光明乳業(600597 CH)は3.4%下落。13年 の通期利益が予想に届かなかった。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動する 上海総合指数は、前日比14.15ポイント(0.7%)高の2047.46で終了。 上海、深圳両証取のA株に連動しているCSI300指数は同0.8%高 の2163.12。中国の3月の製造業購買担当者指数(PMI)は国内経済 の弱さを示した。指導部は追加的な景気支援策の是非を検討している。

光大証券の曾憲釗アナリストは「政府のPMIは予想の範囲内であ り、HSBCのPMIは低下したが予想をそれほど大きく離れていな い」と指摘。「投資家は政府の景気刺激策を待っている」と述べた。

原題:China’s Stocks Rise for First Time in Week on Developers, Moutai(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE