仏ソシエテGをリビアのSWFが提訴、賄賂で投資確保と主張

リビアの政府系ファンド (SWF)、リビア投資庁(LIA)はフランスの銀行ソシエテ・ジェ ネラルを相手取って起こした訴訟で、同行が投資を確保するためにリビ アの元最高指導者カダフィ大佐の家族の友人に約5800万ドル(約60億 円)を支払ったと主張した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。