アジア・太平洋株式サマリー:香港株が上昇、印株は最高値更新

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

香港株式相場は上昇。投資家が企業決算を見極める展開となった。 減益となった中国海洋石油(CNOOC)は下落した。

時価総額で中国2位の銀行、中国建設銀行(939 HK)は1.3%高。 昨年10-12月(第4四半期)の純利益が市場予想を上回った。鉄道建設 で中国2位の中国中鉄(390 HK)は2.3%高。昨年の通期利益がアナリ スト予想を上回った。

中国最大の海洋石油・天然ガス会社、中国海洋石油(883 HK) は5.4%安。代替エネルギー企業の華能新能源(958 HK)は7.7%安。ド イツ銀行が目標株価を引き下げた。

ハンセン指数は前週末比85.53ポイント(0.4%)高の22151.06で終 了。月間ベースでは3%下げ、四半期では5%下落となった。ハンセン 中国企業株(H株)指数は前週末比0.7%高の10075.10。

岡三証券の忍足真理ストラテジスト(香港在勤)はこの日の市場に ついて「好業績銘柄を中心に引き続き物色される展開」と指摘。中国で 刺激策が年内に打ち出される可能性は高いと考えるが、「なかなか発表 されないことで失望視される局面が訪れるのではないかとみている」と 分析した。

【中国株式市況】

中国株式相場は下落。上海総合指数が四半期ベースで昨年4-6月 (第2四半期)以来で最大の下げとなった。4月1日に中国製造業の指 標発表を控え、工業株や裁量的消費関連銘柄が値下がりした。

一汽轎車(000800 CH)と許継電気(000400 CH)が安い。中国民生 銀行(600016 CH)は3週間ぶり大幅安。決算で利益がアナリスト予想 を下回った。上海自由貿易区に米マイクロソフトとゲーム機の合弁を設 立した百視通新媒体(600637 CH)は10%安。1週間売買を停止してい た同銘柄はこの日取引を再開した。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の両方に連動して いる上海総合指数は4営業日続落し、前週末比8.41ポイント(0.4%) 安の2033.31で終了。今月1.1%下落し、四半期ベースでは3.9%値下が り。不動産開発会社の破綻や、新規株式公開(IPO)再開で資金が流 出するとの懸念が響いた。

上海、深圳両証取のA株に連動するCSI300指数は前週末比0.3% 安の2146.31。四半期ベースでは7.9%安。

華西証券の毛勝アナリストは、「相場は現在、厳しい状況にある」 と指摘。「投資家は3月の統計を待っているが、将来の政策は不透明 だ。投資家は政府の今後の動きを知りたいと思っている」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は上昇し、指標のS&Pセンセックス指数は過去最 高値を更新した。インド準備銀行(中央銀行)は4月1日に政策決定会 合を開く。

アルミ生産会社ヒンダルコ・インダストリーズは7カ月ぶりの大幅 高で、金属株指数は2013年2月以来の高値に達した。乗用車メーカーの マルチ・スズキ・インディアは上場来高値。不動産開発のユニテック は16%上昇した。

ムンバイ市場のセンセックス指数は前週末比46.30ポイント (0.2%)高の22386.27で引けた。月間ベースでは5カ月ぶりの大幅上 昇となった。海外勢によるインド株買い越しが膨らみ、ルピーが8カ月 ぶり高値に達したことが手掛かり。

モルガン・スタンレーやHSBCホールディングスなどの金融機関 は、インド中銀がインフレ鈍化を受けて利上げを見送ると予想してい る。

【オーストラリア株式市況】

S&P/ASX200指数は前週末比27.89ポイント(0.5%)高 の5394.83。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比4.61ポイント(0.2%)高の1985.61。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比74.64ポイント(0.9%)高の8849.28。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE