NY外為:ドル下落、FRB議長発言で-製造業指数低下も材料

ニューヨーク外国為替市場ではドル が主要通貨の大半に対して下落。米連邦準備制度理事会(FRB)のイ エレン議長が経済には「当面」、支援策が必要だとの認識を示したこと が売りを誘った。シカゴ地区製造業景況指数の低下も悪材料。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。