東電数土次期会長:再値上げ判断は年末まで先送り

東京電力の会長に4月1日付で就任 する数土文夫氏は都内で会見し、「少なくとも12月いっぱいまで」は合 理化の努力を続け、柏崎刈羽原子力発電所の再稼働が遅れた場合でも電 力料金の再値上げを回避したい考えを明らかにした。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。