米ハーバード大学、合格率が上昇-それでも5.9%の狭き門

名門ハーバード大学への入学が今年 は少しだけ易しくなった。同校は今年の受け入れ数を入学希望者 の5.9%とすることを決めた。これは2013年の5.8%を上回る。ハーバー ド大学が先週発表した。

アイビーリーグ8大学のいずれかに入学するのが難関であることに 変わりはない。エール大学への入学希望者は過去最高の3万932人に膨 れ上がり、合格率は6.3%と昨年の6.7%から下がった。コロンビア大学 とプリンストン大学は四捨五入後で昨年と同じ合格率だった。

狭き門であっても高校生たちは最高の大学への入学をあきらめては いないと、シカゴのリンカーンパーク高校の進学カウンセラー、ジェニ ファー・ラッカー氏は言う。「入学を認められる確率が低くても生徒た ちはやはり応募する。応募しなければチャンスはゼロなのだから」と同 氏は話した。

原題:Harvard Opens Door Wider by Accepting 5.9% of Applicants (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE