国際司法裁判所:日本に南極海調査捕鯨の中止を命令

国際司法裁判所(ICJ)は31日、 日本に対し、南極海で実施してきた調査捕鯨計画の中止を命じる判決を 言い渡した。ICJは一審制で、控訴は認められない。オーストラリア 政府が2010年に日本の調査捕鯨中止を求める訴訟を提起していた。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。