人民元、四半期ベースで20年ぶり大幅下落-景気失速を懸念

中国の人民元相場は四半期ベース で20年ぶりの大幅下落で1-3月(第1四半期)を終えた。中国人民銀 行(中央銀行)が今月、元の許容変動幅を拡大したほか、国内の景気が 失速しつつあるとの懸念が背景だ。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。