米株市場は八百長試合、高頻度取引など正気でない-ルイス氏

最新のコンピューターを駆使してハ イフリークエンシー(高頻度)取引を行うトレーダーが一般投資家を出 し抜いて数百億ドルの利益を生んでいる米国の株式市場は、さながら八 百長試合のようだと作家のマイケル・ルイス氏が指摘した。同氏が1年 かけて取材・執筆した高頻度取引に関する新著「フラッシュ・ボーイズ (原題)」が31日に発売される。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。