中南米経済、08年の金融危機前より脆弱-米州開発銀が報告書

米州開発銀行(IDB)は中南米経 済について、2008年の金融危機前よりも外部からの衝撃に対して脆弱 (ぜいじゃく)だとの見解を示した。成長促進のために政府が支出を拡 大し、企業が対外債務への依存を高めていることを理由に挙げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。