米当局:GMのエアバッグ不具合、07年に調査検討も見送り

米ゼネラル・モーターズ(GM)の 「シボレー・コバルト」と「サターン・アイオン」の一部でエアバッグ が作動しない原因について、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)の 当局者が約7年前に調査を勧告していたことが米下院エネルギー・商業 委員会が公表したメモで明らかとなった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。