ヘッジファンド、天然ガスへの強気維持-米寒波で需要高水準

米東部を寒気が覆っているため、ヘ ッジファンドなど大口投機家は天然ガス相場が引き続き上昇すると予想 している。ガスの買い越しは少なくとも2010年以降で最高水準に積み上 がっている。

北極からの寒気の影響で米全の気温が1月に低下し、住宅や発電所 のガス消費は過去最高水準に達した。米国が3月にかけ相次いで寒波に 見舞われたため、ガス在庫は11年ぶりの低水準に落ち込んだ。

冬季の需要に対応するには天候が温暖な時期に約3兆立方フィート のガス在庫を確保する必要があるが、これは過去に例を見ない高水準。 バンク・オブ・アメリカ(BOA)とBNPパリバは10月末時点のガス 在庫について、3兆5000億立方フィート未満にとどまり、昨年の高水準 を約3000億立方フィート下回るとの見通しを示した。BOAの商品調査 担当責任者、フランシスコ・ブランチ氏は、この水準の在庫を確保する には今年のガス生産が過去最高水準に達する必要があると指摘してい る。

米商品先物取引委員会(CFTC)が28日に発表したデータによる と、米国の天然ガスの買い越しは25日終了週に0.1%増加し40万9266 枚。これはデータ集計が始まった10年以降の最高水準で、例年のこの時 期の平均の3倍に相当する。

原題:Record Natural-Gas Need Keeps Bulls Betting on Advances: Energy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE