ドル・円は102円後半、日米株高が支え-米欧の材料にらみ

東京外国為替市場では、ドル・円相 場が1ドル=102円台後半で取引されている。日米の株価上昇を背景に 円売り圧力がかかる場面もあったが、海外時間に米欧の金融政策動向に かかわる材料を控えて、値動きは限定的となっている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。