中国とドイツ:人民元取引拡大で覚書に調印-決済銀行設立へ

ドイツ連邦銀行(中央銀行)と中国 人民銀行(同)は、人民元建ての決済・清算で協力することで合意し た。フランクフルトが元のオフショア市場のハブとなる道筋が開かれ た。

ドイツ連銀の声明によると、両中銀は中国の習近平国家主席がドイ ツのメルケル首相と会談した28日にベルリンで覚書に調印した。声明に よると、両国は決済銀行を設立する予定だ。

人民元の取引拡大をめぐっては英財務省も26日、イングランド銀行 (中央銀行)と人民銀行が31日、ロンドンでの人民元取引の決済・清算 に関する合意文書に調印する計画を明らかにしている。

原題:Bundesbank, PBOC in Pact to Turn Frankfurt Into Renminbi Hub (1)(抜粋)

--取材協力:Birgit Jennen、Nicholas Wadhams、Feifei Shen、Lyubov Pronina、Tino Andresen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE