米GM:97万台を追加リコール、計259万台に-始動装置不具合

米ゼネラル・モーターズ(GM) は28日、小型車のイグニッションスイッチ(始動装置)不具合によるリ コール(無料の回収・修理)の対象となる車両を新たに世界で97万1000 台追加することを明らかにした。新たに対象となるのは2008年-11年型 車で、製造時は安全なパーツが使われていたが、交換時に不具合のある 製品が使用された可能性があるという。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。