NY金(28日):続落、6週間ぶり安値-緩和縮小継続の観測

ニューヨーク金先物相場は続落。6 週間ぶりの安値をつけた。米景気回復の兆しが金融当局の緩和縮小継続 を正当化する格好となった。2月の米個人消費は過去3カ月で最大の伸 びとなり、所得も増加した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。