米国債(28日):3日ぶり下落、個人消費増加で緩和縮小の観測

米国債相場は3日ぶりに下落。個人 消費支出の増加を背景に、金融当局が緩和縮小を継続できる程度に経済 成長が加速するとの観測が強まった。株式相場は上昇した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。