欧州株:上昇、景況感が予想以上に改善-週ベースでもプラス

28日の欧州株式相場は上昇し、指標 のストックス欧州600指数は週間ベースでの上げ幅を拡大した。3月の ユーロ圏景況感が予想以上に改善したことが好感された。

イタリアの銀行、インテーザ・サンパオロは3.5%上げた。2017年 まで約100億ユーロを支払う配当計画を明らかにした。タイヤメーカー の伊ピレリは3.2%高。2013年通期利益がアナリスト予想を上回ったこ とが買い材料。一方、英国のレゾリューションとアビバを中心に保険株 が下げた。英当局が生命保険の不当な手数料に関する疑惑について調査 を開始すると発表した。

ストックス欧州600指数は前日比0.7%高の333.76で終了。前週末比 では1.8%上げた。ウクライナをめぐるロシアと西側諸国の対立の高ま りから、同指数は月初来では1.3%下げている。

ストアブランド・アセット・マネジメント(オスロ)のファンドマ ネジャー、エスペン・ファーネス氏は「景況感のデータは本当に良い内 容だった」と指摘。「ユーロ圏の回復継続は、2014年を通じて株式相場 にとっての鍵となる。回復のペースと力強さについては強く確信してい る。この見方に立つと、強気にならずにはいられない」と語った。

欧州連合(EU)の欧州委員会が発表した3月のユーロ圏景況感指 数は102.4と、2月の101.2から上昇し、ブルームバーグ・ニュースがま とめたエコノミスト31人の予想中央値(101.4)も上回った。

28日の西欧市場ではアイスランドを除く17カ国で主要株価指数が上 昇。英FTSE100指数は0.4%、仏CAC40指数は0.7%それぞれ上げ た。独DAX指数は1.4%の大幅高となった。

原題:European Stocks Rise as Euro-Area Confidence Data Beat Forecasts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE