米消費者マインド指数:4カ月ぶり低水準、先行き景況感が低下

3月の米消費者マインド指数は前月 から低下し、4カ月ぶりの低水準となった。

3月の米トムソン・ロイター/ミシガン大学消費者マインド指数 (確定値)は80と、前月の81.6から低下した。ブルームバーグ・ニュー スがまとめたエコノミスト予想の中央値は80.5だった。速報値は79.9。

ピアポント・セキュリティーズのチーフエコノミスト、スティーブ ン・スタンリー氏は統計発表前に、「今は世界中で不確実な要素が多 い」と指摘。「統計はやや期待外れだが、天候要因という見方もあり、 根本的なベースで状況が良くなっているのかどうかは誰も分かっていな い」と述べた。

現在の景況感を示す指数は95.7と前月の95.4から上昇。速報値 は96.1だった。6カ月後の先行き景況感を示す期待指数は70と、前月 の72.7から低下した。速報値は69.4。

い。

原題:Michigan Sentiment Index Fell to a Four-Month Low in March (1)(抜粋)

--取材協力:Chris Middleton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE