GM:20年にわたるオペルの中国展開を来年終了-欧州に集中

米自動車メーカー、ゼネラル・モー ターズ(GM)は、オペル部門の中国展開を来年終了する。20年にわた り同市場でのオペルブランド浸透に努めてきたが、今後は欧州市場に集 中する。GMが28日発表した。

オペルは1993年に中国に進出したが販売は伸びず、昨年の中国での GM販売台数に占める割合は1%未満で、オペルのディーラー22社を合 わせた販売台数は4365台にとどまった。

オペルの責任者、カールトーマス・ノイマン氏は発表文で、撤退の 決定は「遅過ぎたくらいだ」とし、中国で「オペルブランドの認知度を 向上させ販売網を拡大しようと思えば、数億ユーロを投じなければなら なかっただろう」と指摘した。

2013年の中国自動車販売台数で、GMは9年ぶりにドイツのフォル クスワーゲン(VW)の後塵を拝した。GMは世界でブランド再編を進 めており、昨年12月には「シボレー」ブランドの欧州からの撤退と、オ ーストラリアのホールデン部門の生産停止の計画を明らかにした。

原題:GM to End Opel’s Two-Decade China Effort to Focus on Europe (1) (抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE