中国海洋石油:13年は11%減益、操業コスト増と原油値下がりで

中国最大の海洋石油・ガス会社、中 国海洋石油(CNOOC)の2013年通期決算は減益となった。操業コス ト増大と原油値下がりが響き、アナリスト予想も下回った。

香港証券取引所への28日の届け出によれば、純利益は565億元 (約9300億円)と、前年の637億元から11%減少。ブルームバーグがま とめたアナリスト18人の予想は640億元だった。売上高は前年比16%増 の2859億元。

CNOOCは1月に、2011-15年の年間増産率を平均で6-10%と する目標を据え置いた。11年以降に増産率が10%達したことはなく、14 年については5.6%との見通しを示した。この予想を受けて野村ホール ディングスとサンフォード・C・バーンスティーンのアナリストらは同 月、CNOOC株の投資判断を引き下げた。

原題:Cnooc’s 2013 Profit Falls 11% as Operating Costs Crimp Earnings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE